ちょっとごっど

宇宙海賊が学ぶ時空論の一つ。それは『細部に神は宿る』の叡智のリフレーミングでもある。

じつは、大抵の人は成功への近道や掛け算レバレッジ=神待ちを安易に時空に期待するマインドセットゆえに20代から30代の10年が何も積み重ならず、諸行無常に足元すくわれよりジェラって成功を焦って、ありもしない一発逆転に執着するようになり人生を破綻させる。そんな人類共通の負けパターンがある。

これをけん制する叡智こそがこの『ちょっとゴット』の叡智である。つまりちょっとした工夫=やれる事の全方位な積み重ねこそが実は神ってるワケで、それ以外の華やかな神技は結局は黒魔術に過ぎず、使っている本人の時空をいずれ滅ぼすものだという叡智がこのちょっとゴットの時空論には隠されている。

この事を宇宙海賊の一味は船長マスター響から日々、真摯に文武両道で肚と背中で教わる。