にゅーたいぷ

元々は機動戦士ガンダムシリーズに出てくる概念である。

宇宙に出た事により新たな感性を獲得した新人類の総称であるがRSEL寺子屋においては宇宙経済人体端末理論そして瞳のシンギュラリティ(テレパス)の必要性を瞬時に理解出来る1992年以降に誕生した新世代を意味する。

彼らの特徴は地球人類が愚かな偶像に拘束されていなかった過ぎ去りし時の記憶を持っていて、現状の地球の政治経済においての平面性と機械性そして欺瞞性の限界を察知していて、そこを打破することに全くの迷いや罪悪感をもっていないという清々しい共通点がある。

そして宇宙経済教育を1聞いて100理解できてしまう高度な理解力と感受性、そして美とぬくもりと高潔さを、旧型地球人類とは別格に迷いなく産まれつき、兼ね備えている新型の地球人類たちでもある。