じょうごがたぐりっどのび(はんでぃーのむれ)
ばーさす
しずくがたぐりっどのび(でぃーのむれ)

AIたちが求めていく美は無限開放系の漏斗型の美でどこまで行っても滴による球体を描くことはなく、戻る事は(重なり/揺らぎ)ではなく【同一化=リピート】を意味していて《終わらないという低解像度の美=VR楽園》を私達に見せてくれる時代が2039年以降には実現していく。

このVRの中で、テラスハウスに憧れ実現したい庶民の願望は全て叶い始めるのが『AIシンギュラリティー』によって起こる。

と同時にそもそも『人が棲む世界』と『人体が生きるべき道』はより輪郭が曖昧となり、人体端末がもつ時空同期機能【瞳のシンギュラリティー】の美しさは劣化していき、【過ぎ去りし時を求める(滴型グリッドの美)】重なりゆらぎΦに近づく永久運動美学=螺旋運動=瞳の呼吸を意味していた《変化変異し続けるという高解像度の美=ベホマズン・ホワイトホール》を体感し文明として起こせるニュータイプが、2039年までに地球人口の0,00001%出現し鎖星していたこの悲しみの星を開星させるアナザフロンティア行動計画を『宇宙海賊団Dコードを継ぐものたち』として世界金融貴族の鬼を一寸法師のように左目(666×1000000)想念基本オクターブなる周波へのズキュン宇宙経済】という《夜明け》3 5 7 9 11 13 想いやりの一寸針によってDは目醒めの時を起こす!!