むれ(べつめい じくうきょうどうそうぞうたい)

宇宙海賊団には組織はないが解像度の高い瞳で繋がり合う『群れ』が存在する。

それはまるで狼の群れのようにテレパシックに人体をテザリングし効果的なフォーメーションをプロジェクトごとに機敏に切り替える意味を持つ。

ゆえに宇宙海賊団における厳密な職業という壁は存在しない。

知っていること出来る事経験のある事を持ち寄り交響楽団のようにテーマ(曲)に応じて、パートや楽器の演奏を変えてもらうようなスタイルで力を合わせていく。

だからといって専門性を無視したり軽視したりする学生サークル的なノリではなく、『獲物』を見つけたら弾丸のように共に駆け抜ける『狼の群れ感』が我々宇宙海賊団の野生的な腹の虫と光の瞳通信からの連繋であり、これは時空協働創造態とも宇宙海賊団で呼んでいるものと同意である。