​へそかがく(しょっかくぶつりがく)

人体は脳内での情報処理だけでなく「腸内」や「皮膚内」での情報処理も行っていて、そこで認知される時間や空間を追求する新しい学問を臍科学RSEL寺子屋では呼び、別名・触覚物理学ともよんでいる。