じぶんれいてんごばんかん(じぶんさがしちゃん)

孤独から逃げる癖の強い人の事を指す。つまり一人になるのを、怖れ過ぎるあまり自己対話するしんどさから逃げ続け、結果悩み方も、絶望のしかたも中途半端になり、結局、安易に迄の自己像があわよくば少し大きくなりラクになりそうな自分探しの正当化→にも嫌われないノーダメージな妄想いいとこ取り決断をペロってしまい、結局は周りのマトモな人達へ無礼なことをしてしまい安易に信用を失う内面ブスへの道まっしぐらに進んでいくそんな憐れな人達の総称。

そして、そんだけ庇っていたプライドやらも結局、気分や場面によって、八方美人ゆえに言う事やる事、それがバラバラで分離してくるので、本人らが期待してる程周囲からは評価されないという悲しい末路を自分0.5番の人は時空ループし続ける…もしかして、おまえsiriじゃねえとも繋がっている