使い古された既存の言葉を用いることで、私たちはその言葉にこびり付いた余分な情報空間(亜空間知能)を無意識のうちに共有してしまいます。したがってRSELでは、単純なわかりやすさよりも「概念の再言語化」を優先しており、頻繁に新しい言葉が誕生します。そこで『宇宙海賊団専用辞書』では、Master.響による造語や、RSELにおける難解な概念を解説しています。

– 新着宇宙海賊ワード –

KAZU(場数)

かず(ばかず) KAZUとはまさに何かを成し遂げるには必ず必要な数のことであり回数及び場数、そして現場数の多動性を意味する宇宙海賊専門用語である。 どんな目標も目的もも場数や現場…

NOBU

のぶ NOBUとはお笑い芸人千鳥のノブさんにちなんで創られたRSEL式5層対教育論に基づく多角的な学習努力→成功の仕方を現した宇宙海賊専門用語である。 なぜノブさんなのか?それは芸…

BigWhy(お前はなぜここに?)

びっぐわい(おまえはなぜここに?) この奴庶民戦争経済の暮らしの中では殆どの人がWhyなぜここにいるのか?なぜこれをしてるのか?なぜこの人といるのか?なぜこれを学ぶのか?実はこの…

– 索引 –