使い古された既存の言葉を用いることで、私たちはその言葉にこびり付いた余分な情報空間(亜空間知能)を無意識のうちに共有してしまいます。したがってRSELでは、単純なわかりやすさよりも「概念の再言語化」を優先しており、頻繁に新しい言葉が誕生します。そこで『宇宙海賊団専用辞書』では、Master.響による造語や、RSELにおける難解な概念を解説しています。

– 新着宇宙海賊ワード –

中丹田

ちゅうたんでん 中丹田とは臍下丹田よりさらに上にある鳩尾周辺の心臓や胃袋がもつ細胞の触覚静電気の束であり気の穴(経穴)のことを指す。 例えば前向きな人に会って元気をもらった。そんな…

クジェラ

くじぇら  クジェラとは悔しいジェラシーの略称であり、 向上すべきところをすでに縁時ているキャストや 他者に向けて放つ造語である。クジェラはある種のモチベーションでもあるので決して…

遊行

ゆぎょう 遊行とは舞い踊る叡智、人体賛美なる現代の神楽でもあり、そこで出来上がった芸能ART集団としての宇宙海賊をも意味する造語。 遊行とは五感の解像度を刺激し向上させてくれるコン…

雑味(別名Art叡智)

ざつみ(べつめいあーとえいち) ある種の生々しい唯一無二の人間味でありそのLive感(Art叡智)、『全力で行け!!!』をも意味している造語。 80年代世代をピークに徐々に雑味を放…

マスカグ

ますかぐ 宇宙海賊団船長マスター響が舞う現代神楽、 Requiem神楽の略称 辞書TOPへ戻る < 前の用語 次の用語 >

– 索引 –