なでりはなでといかりの融合体癖で、なで程あからさまに可愛いさやぶりっ子ではないが、時と場合によっては、好き好きや可愛気推しで浅はかに、キャピキャピと人と接してしまう癖があったりする。またなで肩のボディフィギュアの人といると、よりそれが引き出されてしまう傾向がある。なで肩をスイーツで比喩にすると生クリームだが、なでりをスイーツにするとまさにチョコレートに例えられる。ミルフィーユや生クリームよりもチョコレートが大好物な人はもしかしたら『なでり』かもしれない。肩がいかり型なのにクールじゃなく妙に親しみが湧き易く可愛気がある人がいるなら、その人は特殊融合体癖の『なでり』の可能性が高いかもしれない。