はんがん(ろくじゅうはちてんしゅぎ)

自分の力だけでは「人もの場所」の欠点をどうしても変えられないとわかった場合、それ以上は自分からは余計な干渉をしないということで、32点は減点されても当たり前で気にしない。その減点をリカバリーしようとイキらずに焦らずに残りの68点をどう目指し活かしていくべきかだけを落ち着いて捉えていく。そうすると最終的には自他力によって32点の減点も様々な時空アシストによって治まるべきところに治まり解決していく。この時空法則を使いこなす『くつろぎゆるみ』の回転数を上げる観測者効果の持ち方を【半眼】と呼ぶ。