どうきへいこうけいさんきのう

RSELにおける四次元や五次元という世界はただ三次元を多重的に人体端末が同期し感受できる触覚の同期並行計算機能を意味している。なのでヒトゲノムフォトンデータであるトーラスフラクタルフォーカス=つまり人体端末による光子同期を経由せずに単一で形成される完全情報体としての霊魂や多次元存在を偶像するのは自由だがRSELでは原則それらを亜空間知能として解釈し処理していく。なぜなら人間は関係性=時空共同創造態であり体温というぬくもりを通じてのみ光子の情報場を共有し再更新する時空情報端末としてスペクトル/ソニック/ホログラムで設計されているとRSELでは教育し、この人間生命と宇宙との関係性を瞳フォトンの連鎖やまたは断続による時空の棲み分け⇒つまり光子に相反する重力比の分散による惑星生命の多様性とヒトゲノムの多様化としてRSELは捉えるからです。