ぶんがくてきたいわからおんがくてきたいわ(べつめいはーふてれぱしー)へ

平面的な言葉の記述による意味の説明に終始する対話が文学的対話であり、球体的な言葉の記述による行間の説明を演奏する様な対話が音楽的対話である。文学的対話から音楽的対話への克服はデジモン88問題とも直結し脱戦争経済における主要テーマである。

宇宙経済的な生き方働き方稼ぎ方そのチーム=群れを形成するにあたって音楽的対話は欠かせないツールである。音楽性の本質は組み立て構築するゴール至上主ではなく、奏で飽和させるプロセス至上主義であり定義や定説定石の揺らぎを堪能し、その回転性そして空気感や匂いそして、混じり合いと結び目の交歓性と変化性を味わいそして歓喜への収束同意である。

まさに交じることでしか、触れ合えないものへの《雅な美学》への追求を中心感覚としたハーフテレパシーこそ【音楽的対話】の意味である。