せいかんぶんめい

元々は太陽系先住人類の文明の在り方を指し惑星の強い重力に拘束される必要のない大気層の上や電離層の間そして衛星や、恒星間また恒星内部にまで生活圏を築く事が現地球では未知なプラズマテクノロジーによって築く事が可能になった文明を指す。この文明は気象や生態系までが静電気的に管理されていて前時代的な天災や害虫またコンクリートジャングルに悩まされる事も克服している。あの映画『インターステラー』の土星宇宙ステーションは星間文明の映像化の一例でもある。