かいばでふぉると

我々が名詞という固定点による二分割情報処理による記録(思い出)の蓄積と、そこに投影される自我フレームなるペルソナ「言語空間」を自己の正体と呼び、それが人生だと居着いている限り、心肺停止以後はその海馬から放出される30万年の人類史の二分割無限開放情報グリッドのスパーク(碧い光)によって、平均寿命まで蓄積した記憶は脳の海馬 → 三途の川によってほぼ溶かされてしまう。このことを宇宙海賊団は【海馬デフォルト】呼んでいる。