恐竜のように首が前傾し顎が前に出しゃばる傾向の強い観測者はほぼ内部内省のみであり、自身の妄想にしか脳内情報処理は機能していない象徴となっている。

彼らの頭の中には他者の人生物語は存在しない。すべては自分にとって利用価値があるか否かでしか他者も世界ももう見れなくなっている。その頭重心の姿勢こそがこの顎のでしゃばりであり『恐竜脳にハック』されている状態である。