かおぽっきー

四肢の体癖に関係なく、顔が面長な人は、脳の出力が常にメタ認知的で、俯瞰した概念や冷静な多角的モノの考え方を好む傾向があり、数理や科学や哲理など抽象概念を表現したいし、学習意欲が強い本の虫てきな所もある。だから例えば四肢が丸太性が強くても、顔ポッキーが強いと、自分の勝気な衝動性を触覚的には感じていても表現はいつも冷静で多角的な感じになったりもする。こうやって、顔体癖を含めて全身ボディフィギュアを解析すると、よりその人らしい感受性や行為の動機が浮き彫りになってくる。