ひだりじゅうしん

おもに自身への過剰な期待や内省、また出来不出来を自力でどうにかしようという過剰な責任感や強い生真面目さ、また自己解析力の高さや自制心の強さというクールな印象を与える左へ左への体重移動の偏りの事を『左重心』とRSELでは呼んでいる。ボディフィギュアの『いかり肩』にも繋がる体重心分布でもある。