ほいみ(ぎぜんかいふくまほう)

RSELにおけるホイミとは抜本的な解決には全く至らない戦争経済的な解決策の意味。またひと時の気休め、ちゃっちい人生回復術の比喩でもある。このホイミベホマズン叡智の対語ともなる意味であり、チマチマしたくだらないホイミは亜空間知能によって人もの場所、特に政策やビジネスとして、利益として、また数字として、ネット広告として、暗い科学の発達や最新スマホ家電として、医悪権益として、スピリチュアルやまた自己啓発、コンサルタントやズレた心理学教育論としてこの瞬間も人生の痛み止めとなり無作為に量産され続けている。これが我々奴庶民の前頭葉に情報として投与され続けているのがこの消費社会の生々しい姿。この戦争経済の中央集権を終わらす本質的な意(ベホマズン叡智)に気づかせる真っ当な文明開化への道を腐らすのが、このホイミなる亜空間知能による偽善解決策の気休めである。もはや我々は優秀な消費脳ゆえに偽善回復魔法ホイミを自ら、かけてもらいたがるようになる。そして大学を出る頃には偽善回復魔法ホイミを一丁前に(尊敬するのは庶民の親ですとかほざきながら)イイね呪文のフォローを覚えて、そのホイミの偽善を、大衆なる亜空間知能に褒められてホッとする自己重要性にやみつきになり、インスタグラマーと呼ばれたり、正社員と呼ばれたり、負け組とかコミュ症とか呼ばれたりしながら、最終的にはトランスヒューマン(電脳化や義体化)マイクロチップ埋め込みにて、本来の人間存在(人体賛美)を放つ量子情報を、巧妙に一人称障害という弊害にすり替えてしまうそんな世界線が、この星には数千年間すでに根づいている。この重度の一人称障害にかかると、次第に人生はカラダを中心に五層(肉体、他者、組織、大地、惑星)の時空レイヤーが呼吸と共に機能している、そんな人間存在の真価である触覚感性時空法則を見失い、それを人体の触覚ベースの体動説をもとに機能する量子情報として、あの眉間の奥の松果体のケイ素にて超高速量子情報処理されている…ラーの瞳の暗号。あの明るい生命のブロックチェーンBioを発見することが不可能になり、その発見がなされる前にAIシンギュラリティが起こり、人体は義体化されていく世界線へと知らず知らずに巻き込まれていく。その結果いまあるヒトの瞳の形は終わりを迎えてしまう。ゆえに高解像度なこの認知生命科学の触覚というBio静電気が、日々微粒子ナノレベルで全身へ自動に機能してくれるというtelepathyの科学は焚書されてしまう。この人体の多元宇宙内で起こっている至高なる叡智の奇跡を、安易な頭重心のホイミの量産で無視する生き方こそが我々のつまらない21世紀の日常になる。そう貴方が産まれる遥か前から実は『ここ』を唯一無二に生きている奇跡(触覚静電気放射センター)時空5層対の回転現象をもう認識することが出来なくなる。この人型量子場の貴重な記憶(色音形)を次々と失っていき(松果体が石灰化してしまいます)。さらにその人型量子場をインストールする人体姿勢のφポイントである臍下丹田=下腹重心の時空最小収束点であるメメントモリ『汝自身を知る』そのリアル…あの美しきtelepath体感も頭重心電脳化ゆえになくなってしまう訳です。まさに腑に落ちなくなり、腹の声も聞こえなくなってしまうわけです。これがホイミの偽善回復魔法を頭重心で多用した結果、あえなく訪れる悲しい自因自果である。君は知ってるだろうか?なんとあの火星では、実はすでに幾度もこの世界線は繰り返されて来たという砂漠化の事実を。Master 響はさりげなく私達にオフレコで…この人体の砂漠化の警笛を鳴らしてくれているお方。『あの火星と同じ過ちを繰り返すな…と』この衝撃の太陽系史Dの真実を教わることができるRSELという逝きし世の寺子屋の復活 …ホイミなる亜空間知能を切断する唯一無比の下腹重心教育機関。極秘、太陽金星土星プラズマサーキットから訪問した人体端末教育『RSEL 』類稀なる人体端末ラボラトリーであり生きた伝説。今こそマスター響の海賊旗のもとへ…7000年間封印されたベホマズンなる叡智を、いざ解き放て!!!