のぶ

NOBUとはお笑い芸人千鳥のノブさんにちなんで創られたRSEL式5層対教育論に基づく多角的な学習努力→成功の仕方を現した宇宙海賊専門用語である。

なぜノブさんなのか?それは芸人のノブさんは東京進出してここ4年で見違えるほどツっこみ芸の『機、度、間』が磨かれ独自のポジションで売れたその由縁を読み解き、その広く深い訳をマスター響が丁寧に解説してくれた、『芸人の売れ方から学ぶ』という伝説講によって生まれた造語である。

それは的確に5層対におけるXX現在地(自分自身のメタ認知)、自己文脈を多角的に広く深く読み取る大切さ、その文脈の中で外部環境XY世間という組対、地対、時対というある種の時流や環境のテコ入れを先読みし先手必勝を打つことの実学の機微を含む、こうした高度な実学概念をNOBUと呼んでいる。

この実学であるNOBUを実践しない努力は99.9%報われない誤努力であるとマスター響は断言する。

日本の633教育はこの誤努力を美化し過ぎる傾向が、古臭い部活動や大学受験のための勉強によって偽善に肯定されている現状が、低解像度な亜空間知能ゆえに未だに続いている。それが日本の学びの時代遅れ感のリアルさである。それ故に受験が終わると学ぶ必要性を感じない日本の大学生の創造性の劣化度合いは甚だしいのは事実であろう。

この現状を打破し革新を起こすには、日本人全体がNOBUをしていく事を楽しむように下腹重心の刺激を与え続け、時空の叡智を学ぶという寺子屋エンジョイLiveを多角的に公式発信していくことが大事であると考察している。

結果RSELでは近未来オンライン教育インフラをNOBUしながら2013年から整備し続けているのである。