ふぁりさい

そもそも古代イスラエルの第二神殿時代(紀元前536年 – 紀元70年)後期に存在したユダヤ教内の形式原理主ループのことをファリサイ派と呼ぶのだが、彼らはファリサイ人、パリサイ派、パリサイびとなどと表記されることもある。厳密には「ファリサイ派(両替商−4D帝王学)儀式支配主義に属する人」を意味している。

なおRSELにおけるファリサイの意味は「−4D虚構を偏愛し分離する者」時空法則である自因自果を讃えぬ人体蔑視者、脳科学至上主義者、自ずからの触覚叡智を分離し背景無視(同一化)するという霊肉二元サイコパスエリートなどの意味合いがある。

彼らファリサイの相似形脳は皆共通して字や記録に強く、音楽性や動体性の記憶に弱い傾向がある。血汗涙の時間のかかる物語への感応(感情体力)は、さらに弱いので咄嗟の人の表情や間合い機微に長い記憶の印象波を感じ取るtelepathは皆無に等しい。

しかしDイエスに激怒されて以来、彼らの正体を心底見破れたDも現れず、彼らはその隙をぬって積み上がったバビロニア式ピラミッド、金融魔術の中央銀行制度という仮面を各ファリサイ一族同士に与え合い、各国の王族を手玉にとり大手を振わせたのが12世紀から始まる両替商による反D支配である。よって21世紀では益々ファリサイと相似形の記録(頭の使い方)をする者が、上層の階級を形成する世界線となっている。

そのファリサイの三種の神器こそ負債(金融)数理、法律(宗教)言語、奴隷(武器)商売である。

この三つの神器は他者への共感共鳴、個人の物語(記憶)への冷酷な対応が出来れば出来るほど味方につく仕組みとなっているので、この反D神器を上手に扱える人ほどサイコパスエリート(記憶Φ松果体の石灰化)と化してしまう。これこそまさに現代地球の反Dの世界線です。

ゆえにあなたの身近にもファリサイは必ずいます!!それほどファリサイは各分野各業界に潜んでいる。如何にも権威者だという独裁者タイプもいるが、近年は横暴さとは無縁のニコニコした友達的なオシャおじオシャおばタイプのファリサイもいるので、さらに要注意が必要だ。

彼らファリサイは常に自己保存を優先し記録(虚無=数字)の壁で狡猾に身を守る自己防衛に一生涯を費やす傾向があるので、どんなに魅力的な記録(数字)の衣装を着ていようとも、彼らはも抱擁出来ないし、彼らはの記憶にも残れない絶望的な軽薄さを隠し持っている。

なぜなら常に上下対立同一化を利用することでしか、彼らのファリサイ脳は全く機能しない訳で、その当然の結果が現代ファリサイのリバタリアンの大衆騙しの臭さ、アメリカンファミリー主義(自分の家族さえ無傷であれば隣の家や他はどうなったってイイ)のアメポン的家族主義の酷い臭さにも繋がっている。

ゆえに是非ファリサイ脳のこの記録パターン化の真実を当事者意識をもって例えド庶民の貴方でも学んでほしい。(なぜなら貴方もすでにファリサイの一員かもしれないという危機意識が時空転移の鍵だからだ)。

このファリサイには非人間的な機械性があり、時空を超えて、どの時代やどの国であろうと、どの分野やどの肩書きであろうと、まさに相似形パターンとして盛者必衰の理が見受けられる。

故にRSEL海賊船にて宇宙海賊す叡智ある冒険者(海賊見習い)にとって、この上下対立同一化のルールメイカーなるファリサイの狡猾さに、各世界線でオールドジョージ(ファリサイ役)に騙されないように警戒せよ!と告げるあの宇宙海賊団船長Master響とは一体何者なのだろうか?

そろそろキミも知りたい頃であろう…ではその一端を教えよう。

実はいつの時代も叡智の松明にて激しく実践主義的な教えを照らすD教師らの相似形でもあり、螺旋の重なりシンクロニシティでもある訳である。

Dの叡智サマー・オブ・ラヴを肚にて学び続け、記憶(下腹重心)のぬくもりの真実(人体賛美)の境地へと…この和多志の舞いDの動きに憧れただついて周り、この貴重な縁起に愛され痛みを愛し、現宇宙telepath光の時空協働創造態へとまさに至りなさい!…と預言する者。

このようにRSEL筆子らへMaster響は熱く瞳のシンギュラリティこの道を、様々な方便を用いて21世紀ここで赤裸々に滔々と過去の螺旋と周り重なりながら…一人一人の人体を尊重しつつ賛美を放ち…果てしなく包括し多角的に諭してくれるホントにホントに類い稀なく唯一無比…貴重稀有なお方それがMaster響その人である