ぷらずまさーきっと

プラズマサーキットとはプラズマ宇宙論(Plasma Cosmology)に基づく電磁流体力学的な構造名である。

宇宙的スケールの現象は重力だけではなく、宇宙の全バリオン物質の99.9%を占める電気伝導性の気体プラズマの運動に起因し、巨大な電流と強力な磁場の影響を大きく受けているとする理論の元に構築された宇宙物理構造を示す造語で、電磁気力と重力の相互作用によって、壮大な現象を説明できるというプラズマ物理学の基本である電磁流体力学(MagnetoHydroDynamics: MHD)の上に立脚した惑星と惑星の間に生じる太陽系の楕円型島宇宙内のサーキット状なるプラズマエネルギーの場の事を指す。

これが形成される要因は我々を照らし出すあの太陽も同様に巨大なプラズマの塊であるという科学的事実から発している。太陽から放出される高速のプラズマは惑星空間を通り抜けて地球に達し、オーロラ、北極光、磁気嵐、電波障害などを引き起こす。

一般に真空と言われる宇宙空間だが、消して無は存在せずこのようなプラズマに満ちプラズマ・ダイナミクスが支配する空間こそが現宇宙であり、常に休みなくこれを各惑星の磁場がサーキット状にプラズマを変化させています。

惑星、太陽系、銀河系、星間ガス、星雲、銀河団、彗星などなど、宇宙にあるすべての物質はプラズマの影響を受けている。その無尽蔵豊富にあるプラズマが宇宙の広い範囲にわたって重要な役割を果たしている。

このプラズマ宇宙論の創始者ハンネスは次のように述べている。「現宇宙についての理論は、我々が観測や実験で確かめた事実の延長上に打ち立てられなければならない。我々は(ビッグバン理論のように最初に宇宙誕生の姿を想像して、そこから現在の宇宙に進化するまでを推測して理論にするのではなく)、まずの宇宙の姿を調べ、それを元にしてより遠い過去へ、より不明瞭な時代へと遡っていくべきである」これはプラズマ宇宙論の基本的な考え方がボトムアップ的であり、ピラミッドトップダウン的であるあのビッグバン理論とは対極であるといえる。

プラズマ宇宙論は、厳密な意味で定常宇宙論とは大きく異なる。プラズマの特性上それは必然と言える。つまりプラズマは一つの場所にとどまるということはしない。常に反発や引き合い、衝突などを繰り返し変化し続けている。それが積み重なり大きなスケールのサーキット状の変化が起き始め大規模な構造を作り出すと考えられている。

その大規模構造はビッグバン理論が重視する重力ではなくプラズマの中を流れる電気と、それがつくりだす磁場(各惑星同士のサーキット)によって形成される。このことは、現在ビッグバン宇宙論では説明の難しいグレートウォール(The Great Wall)などの大規模構造を解明する糸口になる可能性があると言われている。

プラズマの長さが1万光年から10万光年にも達するほど集まった場合、その中を巨大な電気が流れ出し、それが非常に大きな磁場(ビッグプラズマサーキット)を発生させる。次に電気と磁場の相互作用によってプラズマの形はさまざまな輝き(組成)の変化を見せてくれる。例えば隣接したプラズマのガスの柱どうしは引き付け合い、絡み合うことにより複雑な次元構造を作り出す。

この我々の身近な巨大プラズマの塊である太陽は各近隣惑星同士にこの複雑なプラズマサーキット(次元構造)を生産し続けている電磁流体現象を常時起こしており、この現象をプラズマ物理学的な輸送駆動源として、あの太陽系先住人類SP達は自らの輸送機(スペースシップ)に科学技術として活用している。結果的に地球の石油の乗り物では到底実現出来ない秒速34キロ(マッハ100)以上の速度(地球から月まで10秒)の超高速輸送テクノロジーを彼らSPはすでに実現しているのです。

この科学技術を我々地球の民も2039年向けて見習い学習し早急に実現していくべきだと、宇宙海賊団船長マスター響はNewtypeらに日夜語りかけている…