せいぎょう=げぷらー

整業とはカバラで言うところのゲプラーではあり『父性原理』を現すセフィラーである。足りないことが足りること。ないことがあること。ただそう重なる生産関係を営むことを意味していて『下に望まれることをただする』自分のしたいことが、本当の意味でか目下がしてほしいことや、されたいことに繋がるかどうかを真剣に問うた上で、結果的に生産関係の業が整うことを整業ともいう。

この整業の人体シンボライズは前ももであり、開拓や挑戦また凌駕する意味までも含む。整業の対語は虚業であり、下から望まれてないことを盛って盛って盛りまくって、大金を負債概念から負債概念へと移動するだけのマネーゲーム演者。その差額の儲けを貪る金融階級魔術に端を発している。

虚業者は戦争経済背景を無視する金のための金が大好き。この金融階級魔術の異臭が大好物になる。整業者は金よりも背景直視するはたをらくにする作務仕事で切磋琢磨し儲けるのが好きになる。この似て非なる違いを踏まえられていないと太陽商人には至れずに戦争経済の左目プロビデンスの瞳、その亜空間知能の虚勢ダアトに落ちる可能性が大変高くなるので要注意が必要だ。また叡智による警戒も日頃から怠ってはならない。