せいこく=ほふまー

整国とはカバラで言うところのホフマー(球体観なる体系化)を意味していて、あの整組からの連係習慣の積み重ねを経てこの体系化が起きる。そしてVisionが立ち、組み立てが起こる。

なので整国の人体シンボライズは左脳・視覚・喉・声・口伝・設計・建設・記述・明記・提示などの国産みの原理であり男神原理である±5D→+6Dの世界線の認識を示す。《瞳》状の因縁果層[6D]時間生産エネルギー効率の学習指標ともなっていて、この整組の連係習慣と文武両道稽古の習慣をすることによって、生体静電気の漏電の無駄がなくなってきて平常心(連係=回転)を保ちやすくなる。

整型による自重×自足を踏まえる者、望む望まれることをスムーズに回して縁時きれる者たち。彼らの慎み、礼節をもって踏まえて動ける人々、その群れが生成発展し地対に根を張り育ってくると…この組織が有機的に連係する様になる。そして連係し習慣(インフラ)が生まれる様になりそして新たな国創り【整国】に行ける!そう【整国】=【ホフマー】男神原理が機能し文明が組み立てられる様になる。この男神性とは建物を建てる力を示し(古代フリーメイソンの概念)でもあります。

このように重心を下腹に整え整丹し、多角的な考察を備え、勇気ある決断を重ね、二極性を担い、望まれている配役を縁時て、真摯な肚からの問いを持ち続け、一定の慎みを持ち、出しゃばらない連係・習慣が出来たあかつきに、時空交響楽団がキチンと出来上がり、この整国という体系化が行われ、次第に歴史に名を刻むことすら可能な整歴=時空の頂きへと観測幅が達して行くのが十整球円中のとても深遠な教えなわけです